こんな引越し業者には注意

はじめに

こちらでは引越し業者さん選択の際の注意事項を紹介します。上手な引越し業者の選び方規模で見る引越し業者さんのメリット・デメリットで紹介していない注意事項を中心に話を進めますので、読まれていない方は先に一読されることをお奨めします。

こんな引越し業者には注意

電話受け付けや営業マンの態度が悪い

電話の受け付け窓口や営業担当者はその引越し業者の顔です。契約や質問はもちろんのこと、何らかの事故やトラブルがあった際の対応を行ってくれる対応窓口でもあります。確かに料金も業者選定と言う点で大きなポイントをしめるでしょうが、「この方になら任せられる」という担当者が対応してくれる引越し業者を選ぶのも大切です。安かったから選んだら家財道具を壊された。そんな場合に受付や営業マンの対応が悪かったらどんなことになるか想像はできるでしょう。態度だけでなく服装や髪型、話し方など様々な面から慎重に「営業マンの見積もり」をすることを忘れないで下さい。

手付金などを要求してくる業者

前受金、手付金、内金、予約金、仮契約金、保証金など様々な名目で引越し前(特に契約後すぐ)に引越し料金の何割かを要求してくる引越し業者には要注意です(引越し前に何らかの作業が必要で、その場合に請求される立替金は別)。これらは大抵キャンセル防止のために引越し業者が要求してくるものです。キャンセル料金の設定は別途引越約款でされているはずなので、こういった要求をしてくる引越し業者には作業を任せない方が無難です(標準引越運送約款を適用せず独自の約款を持ってくる業者は特に)。ただし引越し料金の前払いを求める行為は何ら問題(違法)ではありませんので注意して下さい。契約の際に渡される引越約款のキャンセルに関する項目をしっかり読んでおくと良いでしょう。

見積もりの際にサービス品を持ってくる業者

サービスと称して見積もりの際に梱包資材や記念品を持ってくる営業マンがいるようです。この行為自体は特に問題は無いのですが、契約に至らなかった場合に返品を求める引越し業者もあるそうです。一言「契約しなくても頂けるのですよね」と聞いておくのも良いかもしれません。記念品などは返せば良いかもしれませんが、使ってしまった梱包資材は買い取ることしかできません。また「物をもらったからこの業者に決めなければ」なんて余計な心が働き、冷静に引越し業者の選定ができなくなることもあります。意外とキャンセル時にこのトラブルは多いようなので気をつけて下さい。

引越し料金50%オフなんて宣伝をしている業者

雑誌の広告欄やホームページ、チラシなどで期間中○○%オフなどと料金の割引を強調している業者がいます。車や家電製品などと違い、引越しは形の無いサービスが商品です。元の値段が分かりにくい以上、料金などあってないようなものなのでついつい騙されてしまう消費者も多いようです。誇大広告に引っかからないよう、見積もりは数社からとることを強くお奨めします。

「100%社員だけで引越しに伺います」

社員だから安心して任せられるわけではありません。10年働いているパートさんと昨日初めて雇われた正社員とで、どちらに引越しを任せたいか考えれば気が付くと思います。特に繁忙期(3〜4月、7〜8月)の引越し業者は、日頃の2倍から10倍ほどの引越し件数をこなさなければなりません。本当に100%社員だけで引越しに来るのかどうかもあやしいものです。こんなふれこみに騙されてはいけません。