敷金について

はじめに

現在のお住まいを出る際に、賃貸であれば大抵の場合管理会社か家主さん立ちあいの元で室内のチェックが行われます。その際に重要となるのが修理改善費は入居者負担なのか家主負担なのかということ。賃貸契約書には「退去時に部屋を原状回復させるために要する費用は敷金から相殺する」なんて項目があると思います。何が現状回復なのか分かりにくいと思いますので、以下に一般的に言われています内容をご紹介しておきます。新居も賃貸であればこれらの項目を事前にチェックしておき、場合によっては入居の際に一言管理会社か家主さんに言っておくと、退去の際にトラブルを避けられて良いかもしれませんね。

一般的に入居者負担と言われている項目

  • 引越し作業やキャスター付きの家具などで付けた床や壁の傷
  • 通常のクリーニングで除去できない程のヤニ跡や水垢、カビ、コンロの油汚れ、飲み物をこぼした跡
  • ペットによる柱や壁などの傷
  • 雨が吹き込んだことによるフローリングの色落ち
  • 結露によるカビや染み(放置しておいたことが原因)
  • 壁や柱へのネジ穴、釘穴
  • 冷蔵庫や洗濯機の下にできたサビ跡(程度によるようです)
  • 入居者所有のクーラーの水漏れが原因となる壁の汚れや腐食
  • 入居者の手入れ不足で発生した汚れや腐食

一般的に家主負担と言われている項目

  • 電化製品による電気やけの跡
  • 入居者所有のエアコン設置など、必需品の設置の際に生じたものは通常損耗となるようです
  • 日照による畳の変色や、壁・フローリングなどの色落ち、ポスターやカレンダーなどの跡
  • 家具の設置における床のへこみ
  • 網戸の張替え
  • 台所やトイレなどの消毒
  • 玄関等鍵の取替え
  • 専門業者によるクリーニング