失敗しない荷造りの方法 - 食器編

一般的に言われていること

  1. 小さめで比較的頑丈な箱を用意し、組み立てます。
  2. 底に丸めた新聞紙等を緩衝材として敷きます。
  3. 必ず食器1枚ずつを新聞紙や皿巻き紙で包んでください。
  4. 食器の段と段の間にも新聞紙を丸めた状態で敷くと良いでしょう。
  5. 大きく重たい食器から入れ、上段にはなるべく軽いものを入れます。
  6. すき間ができないよう箱に並べてください。
  7. 箱詰めが終わった後、すき間があいているようであれば新聞紙などを詰めて固定してください。
  8. 箱にふたをして中身が分かるようにマジックで中身を書いて完成です。

小さく頑丈な箱に入れることがポイントです。1つの箱にたくさん詰めすぎますと圧力で食器がわれてしまうこともあります。新聞紙や皿巻き紙、タオルなどで少し厚めにくるむよう心がけて下さい。

ダンボール箱に中身を書くのは失敗しない荷造りの方法で言った通りなのですが、併せて割れ物注意と大きく書いておきましょう。

アドバイス

お皿など平たいものは立てて、コップや茶碗などはふせてダンボール箱に並べると壊れにくいです。

重心位置が偏りすぎるとダンボールを積み重ねた際荷崩れの原因となります。なるべく重心位置が偏らないように詰めて下さい。

包丁など刃物は刃の部分を厚紙でくるみ、輪ゴムやガムテープでとめておくと良いでしょう。その際に、厚紙が抜けてしまわないように十分気をつけて下さい。柄の部分はくるまない方が、刃物と分かりやすくて良いでしょう。

スプーンや箸、フォークなどは弁当箱やタッパの中に入れると良いでしょう。振っても音がならない程度に新聞紙や皿巻き紙を入れておくとさらに良いと思います。

コーヒーカップのように持つ部分がついている食器は、持つ部分が十分に保護されるよう多少厚めに新聞紙などで包んでください。

やかんやフライパンなど大きなものは、新聞紙や皿巻き紙では包みにくいと思います。不要なバスタオルなどで厚めに包むと包みやすいです。

飾り皿や大皿などはもともと木箱に入っている場合が多いですが、念のため開けて見て下さい。箱にいれてあるだけで緩衝材が入っていない場合もあるようです。