失敗しない荷造りの方法 - 衣類編

一般的に言われること

少し大きめの箱に衣類にしわができない程度に折りたたんで入れるよう心掛けて下さい。引越し業者によってはハンガーボックスと呼ばれる簡易洋服たんすのようなものを貸してくれる場合もありますので、洋服たんすの中身や洋服かけに吊っている洋服などはハンガーボックスに吊ると良いでしょう。

普段着ないものから箱にいれると良いと思います。冬に引越しをするのであれば夏物や春物から、夏に引越しをするのであれば冬物から箱詰めをして下さい。失敗しない荷造りの方法でも言いましたが、必ず中身は箱を見ただけで分かるようにしましょう。「お父さんの冬物」とか「子供部屋のベビーダンス上から3段目」のように書いておくと良いでしょう。

たんすの中身はたんすごと、引出しごとに箱詰めすると、新居で箱出しをする際に便利です。

アドバイス

押し入れやクローゼットにそのまま収納できるプラスチック製の衣装ケースに、季節ごと家族別に収納してはいかがでしょうか。新居に運んだ際にダンボール箱から出す必要がないのでとても楽です。

大き目の箱は小さ目の箱よりもつぶれやすいものです。特に中身が衣類やタオル類のダンボール箱の上に重たいものを置きますと、箱が歪曲して荷崩れの原因となります。衣類を入れた箱は一箇所にまとめ、重たいものから順に下から積み上げると良いと思います。